メインビジュアル

【追加のご提案】株式会社シンクデザイン様

お世話になっております。
 

先日のご提案に追加して、「パターン1でコストを下げる施策」を考えましたので、下記にまとめさせていただきます。
 

運用保守にかかるコスト

ご提案させていただいた資料の中で、「独自のホームページを5つ作る場合、運用コストが5倍になる」ということをご説明しましたが、「何に対して運用コストがかかるのか」という説明が抜けておりましたので、追加で記載します。
 

運用保守にかかるコスト
 

  • ①サーバー、ドメインの管理保護(弊社で契約する場合)
    → 契約更新の漏れがないよう、サーバードメインの管理・更新や、セキュリティ保護をします。
  • ②セキュリティ対策
    → 不正アクセス、スパムメールなど、様々なトラブルの対策をします。
  • ③WPアップデート
    → 定期的なWordPressのアップデート作業を行います。(古いバージョンを使っていると検索順位悪化やセキュリティ悪化の恐れがあります)
  • ④WPプラグイン管理
    → お問い合わせフォーム等のアップデート&定期的な動作チェックを行います。
  • ⑤追加、修正対応
    → サイト公開後に追加、修正がある場合の対応をします。
  • ⑥PV数などデータ分析
    → PV数やアクセス元などをまとめたレポートを送付します。

 

上記を1サイトごと行う必要がありますので、5サイト作るとなると「5サイト分の運用コストがかかってしまう」というわけです。
 

以上を踏まえた上で、「独立した5つのサイトを作りつつ、運用コストを下げるための施策」をご提案させていただきます。
 

独立した5つのサイトを作りつつ、運用コストを下げるための施策

結論から言いますと、次の2つです。
 

  • 施策①:5つのサイトを、1つのサーバーにまとめる
  • 施策②:WordPressは使わず、静的サイトにする

 

施策①:5つのサイトを、1つのサーバーにまとめる

まず、サーバーをそれぞれのサイトごとに契約するのではなく、全サイトを1つのサーバーにまとめることで、運用コストを減らすことができます。
 

1つのサーバーにまとめるメリット
 

  • ・低コストでホームページを複数運用できる
  • ・契約が1つなので管理がしやすい

 

1つのサーバーにまとめるデメリット
 

  • ・サーバーに障害が発生した際、全サイトに影響が出てしまう
  • ・サイトの規模によっては容量等が足りなくなる可能性がある

 

デメリットの対処法ですが、先日ご提案させていただいた「お名前ドットコムのRSプラン」に乗り換えることで、問題なく運用できると思います。
 

施策②:WordPressは使わず、静的サイトにする

こちらは少し専門的な話になってしまいますが、WordPressの特徴として「更新がしていきやすい」というメリットがあります。
 

ブログやお知らせの更新、文章や画像の追加、新メニューの追加など、継続的に運用していくホームページを作る場合は、WordPressで作ることを推奨します。
 

また、WordPressはSEO(検索エンジン)にも強く、集客目的のサイトにも有効的です。
 

しかし、先ほども言ったとおり、WordPressを使う場合だと「運用コストがかかってしまう」というデメリットがあります。
 

なので、そこまで更新する必要のない静的なサイトでしたら、WordPressを使わない方向性で検討してみるのはいかがでしょうか。
 

この場合、月額の運用費用はかからず、最初の「制作費用のみ」をいただく形となります。(サイトの規模によって金額が異なりますので、サイトごとにお見積りさせていただきます)
 

ぜひ、こちらも合わせてご検討いただければと思います。もしご不明点等ありましたら、いつでもご相談ください!

  • ・ホームページ制作
  • ・制作費無料
  • ・個人事業主様向け
  • ・スマホ対応込み
  • ・知識がなくても安心
トップへ戻る